2012年01月05日

【警戒】地震で福島4号機に異変!千葉市にもセシウム降下!





元旦に東日本を中心とした比較的大きな地震が襲いました。
ここ千葉市でも震度4を記録、結構揺れて正月早々いやな予感を
漂わせていました。


今日わかった事実ですが、そのときの地震で福島原発4号機に異変が
起きて放射性物質が拡散して福島に11月や12月と比べ約4倍以上の
セシウム降下が確認されました。


定時降下物環境放射能測定結果(暫定値)(第7報)
http://www.pref.fukushima.jp/j/koukabutsu7.pdf


そしてここ千葉市においてもセシウムの降下が観測されました。



日本分析センターが分析した環境試料の放射能測定結果
http://www.jcac.or.jp/lib/senryo_lib/taiki_kouka.pdf



セシウム134  26MBq/km2
セシウム137  28MBq/km2

セシウム合算で5400万 Bq/km2降り積もったことになります。勿論11月や12月は不検出であったのです。


何故またしてもこれほどの放射能が拡散してるのか?
それは4号機のトラブルによるものとの推測が広がってます。



東京電力は、1月1日午後5時30分頃、この地震の影響により4号機
の使用済み燃料プールに隣接する「スキマサージタンク」の水位が
通常の5倍の速さで下がっていることを確認し、「4号機の使用済み
燃料プールの循環冷却に使っている配管から水漏れが起きている
可能性がある」
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012010101000398.html


4号機の使用済み燃料プールの下は、水素爆発のときに吹き飛
んでおり、現在は補強のための金属の支柱が何本か入れられて
プールの重量を支えています。

度重なる地震でもろくなっている状態で今回の震度4で
4号機の冷却系統に異変が生じることが分かりました。
なぜ危険かは、使用済み燃料の量は、1~3号機のプールに
貯蔵されているものの2倍以上だからです。
ここには、使用済みの分と、使い切っていない分をあわせて
1535本の燃料集合体が入っているようです。



京都大学の小出助教は4号機に関してこう語っています。


「東京電力の方ももちろんそれに気がついていて、余震でプールが
ひっくり返ってしまうようなことになれば、もうそれで、どうにもなら
なくなると。いうことで東京電力は、え……補強工事をすると、言いましたし。
多分それは何がしか、進んで多分終わったんだと思います。
えーただし、補強工事をしたと言っても元々の構造物のように強固
ではないはずで。余震が来て使用済み燃料プールがひっくり返っ
てしまうようなことになることを私は今でも恐れて、います。ただし水素
爆発は多分起きない、です。
崩れ落ちてしまうと、建物の中ではないので、水素は簡単に拡散して
しまいますので。爆発ということは起きないと思いますが。でももう手
の打ちようがなくて次々と融けていきますので、大量の放射性物質が
大気中に出てくるということは避けられなくなると思います



内閣府原子力委員長が作成した最悪のシナリオは・・・


4号機プールの核燃料が全て溶融したと仮定した。原発から半径170
キロ圏内で、土壌中の放射性セシウムが1平方メートルあたり148万
ベクレル以上というチェルノブイリ事故の強制移住基準に達すると試算。
東京都のほぼ全域や横浜市まで含めた同250キロの範囲が、避難が
必要
な程度に汚染されると推定した。


現状にいたっても、チェルノブイリを超える土壌汚染が福島でも
確認されてる状態です。この上、4号機が倒壊、放射能拡散となると
人類史上経験のない汚染となることは間違いないようです。


長尾年恭(東海大学地震予知研究センター長)は雑誌の取材で以下のような
見解を展開しています。


「3・11」東日本大震災以降、日本列島における地震活動が活発になっています。
でも、過去の経験則が当てはまらないので、「どこが危ない」というのは言いづらい。
裏を返せば、どこも危ないということ。現在の状況は、1100年前と非常によく
似ています。9世紀には貞観(じょうがん)地震が起き、富士山が大噴火して、
その後に東海地震が起きました。30年くらいの間に天変地異がたくさん起きた
んです。近い将来、首都圏はあと3回大きく揺れますよ。マグニチュード(M)8
クラスの房総沖地震、M7クラスの首都圏直下型地震、M8といわれている東海
地震。東海地震はM9クラスかもしれない。この3つが将来確実に起きます.

http://wpb.shueisha.co.jp/2012/01/03/8913/



空間線量は大きな変動が観測されてはませんが、引き続きの注意が
必要です。外出の際はマスクや雨の外出を控えるなど
原発の状況を注視していく必要があると思います。

正月の地震は私たち日本人に再び警告を鳴らしていたのです。
地震の影響で福島4号は全くコントロールできず、原発から再度関東まで
放射性物質を運んできていた。多くの国民は知らされない情報の
中で正月を過ごしていた。しかし活断層が活発に動きだしている。

もっと真剣に原発や地震と再度向き合うべきであると。


【 スポンサーリンク 】



Posted by 子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば at 23:29 │Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
< 2014年08月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
インフォメーション
無題ドキュメント
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 61人
プロフィール
子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば
「子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば」です!
陳情請願などの行政への働きかけや放射能の情報発信をメインで活動しております。
共に知恵を出し、繋がり、協力して子ども達を守っていきましょう♪

★各種お問合せはこちら 
takumiuna@gmail.com